(1万円以下!)水月雨の完全ワイヤレスイヤホン、NEKOCAKEをレビュー!

今回はコスパが良いイヤホンを発売することで有名な水月雨さんの最新完全ワイヤレスイヤホンの「NEKOCAKE」をレビューしたいと思います!

前回、水月雨さんの1000円台のイヤホンのQuarksを購入&レビューさせていただいたのですが、あまりのコスパの良さにすっかりファンになってしまいました笑

どんな完全ワイヤレスイヤホンなのかなとワクワクしていたのですが、想像以上でした。

水月雨(moondrop)さんの丁寧なパッケージング

箱のデザイン

箱の周りには薄いフィルムが貼られており、箱はとても綺麗です。

まず目に付くのは丁寧なパッケージングです。

外側は白を基調とし、中の箱は黒とモノトーンのデザインとなっています。

そして表面には水月雨さんといえばの女性のイラストが描かれています。

背面にはこのイヤホンの帯域がデザインされています。

箱の裏にはイヤホンの帯域やコーデックなどの記載がありました。

これを見る感じですと低音が少し強調されており、その分中音が少し控えめとなっており高音はとてもハッキリしているという事が予想できます。

外箱を取り除いてみると銀色の文字で「水月雨」の文字が表れます。

少し画像が荒いですが、銀色に輝いています。

まるでアクセサリーを開ける時のようなドキドキ感があります。

そして開封すると充電ケースとイヤホンが綺麗にパッケージングされています。

充電ケースとイヤホン本体

充電ケースの下の方には黒猫がデザインされており可愛らしいです。

そしてケース上部には商品名の「NEKOCAKE」がかわいらしくデザインされています。

「O」が猫の足になっており、可愛らしいデザインです。

本体ケース下部はType-C端子になっています。

そしてケースの裏側にはBluetooth対応機器と接続する際に使用するベアリング用のボタンが搭載されています。

ケースを開けてみるとイヤホンが収納できるようになっています。

質感としては良い意味でおもちゃのようです。

プラスチックのおもちゃのような質感です。非常に軽いです。

充電の際には本体のケースは緑色に点灯します。

本体ケースの電池残量が10%以下の場合にはオレンジに点灯します。

装着してみた感じは外れやすいということはありませんでした。

イヤホン本体も非常に軽いため、つけていてしんどいという感じも全くありませんでした。

付属品

充電ケースとイヤホンが入っていた梱包材を取ってみると、付属品が表れます。

イヤーピース(S,M,L)とType-C-Type-Aの充電用のケーブル、そして説明書と保証書があります。

説明書に関しては日本語での記載もあるのですが、保証書は中国語と英語での表記となっています。

付属品に関してはスタンダードながら安心出来るセットです笑

ベアリング

ベアリング方法

ベアリング方法は簡単で、まずイヤホン本体を充電ケースの中に入れ、そして充電ケースの裏にあるベアリングボタンを3秒押すことで充電ケースの前にあるインジケーターが点滅したらお好みのBluetooth対応機器でベアリングします。

次回のベアリング時は装着するだけで勝手にベアリングしてくれます。

可愛らしい声で操作時に教えてくれる

Bluetooth接続時にとても可愛らしい声で接続/解除/ノイズキャンセリング時などに教えてくれます。

こういう部分からも水月雨さんのコンセプトをとても大事にされてるという印象を受け、とても好印象の仕様です。

音質

肝心の音質なのですが、初めて1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンで好きな音質のイヤホンに出会えました笑

個人的に低音が強調されたイヤホンが得意ではなく、かつ高音がキラキラしているイヤホンを好んで聴いています。

そんな自分からすると高音はキラキラとしており、変にこもってもおらず、かつ低音は適度に鳴らしてくれるのでとても聴きやすいです。

中音も綺麗に奏でてくれており、とてもバランスが良いなという印象です。

ボーカルは近いというより、曲の一部になっているという印象です。

今回のリファレンス曲

DE DE MOUSE,ぷにぷに電機 - Midnight Dew

最近聴いているとてもオシャレな雰囲気の曲です。

シンセサイザーのパッド音の広がり具合も分かりますし、ぷにぷに電機さんの声を中心とし、後ろからパッド音、そして左の方にギター、右にシンセストリングのような音色で全体が形成されているのがとても分かりやすいです。

定位感にしても良いと思います。

解像度に関しましては前述のように全体がしっかりと分かるため高いと感じています。

ノイズキャンセリング機能

このイヤホンにはなんとノイズキャンセリング機能も搭載されており、左右のイヤホンどちらでも良いので1秒ぐらい押す事で声でノイズキャンセリングのオン/オフを知らせてくれます。

しかし、個人的にあまり消えているような印象は今のところ受けてはいないです。

これに関しては管理人の使用場所が家のみに限定されているからかもしれませんが、今のところ効果を感じることはありませんでした。

しかし、この値段でノイズキャンセリング機能を搭載しながらこの音質にまとめてきているのはとてもコスパが良いとます。

コーデック

音質を左右するコーデックという規格があるのですが、これに関してはAAC/SBCに対応しています。

どちらで接続されるかはお手持ちのBluetooth機器によります。

管理人はiPadやiPhoneで主に使用するのでAACにて接続されています。

アプリ

さらにびっくりしたのは水月雨の完全ワイヤレスイヤホン用の「MOONDROP LINK」というアプリが配布されており、これによってイヤホンをカスタマイズすることが出来ます。

使用方法は簡単で、イヤホンをBluetooth接続後に「Select device」から接続している「NEKOCAKE」 選択します。

起動すると上のような画面が表示されます。
表示されたお手持ちの機器をタップすることでアプリで認識されます。

すると下の画像のようなメニューが表示されます。

Custom touch

ここでは細かくイヤホンの背面をタッチした際の動作を設定することが出来ます。

曲の送りやノイズキャンセリングのON/OFFなどの動作も設定する事が出来ます。

Tuning configuration

(Tuning configuration)と書かれた項目をタップする事で5つのプリセットから好きな音質に設定する事が出来ます。

これにより、低音が響く音質が好きな方へもこのイヤホンをオススメする事が出来る様になりました笑

正直、この価格帯でアプリでの音質カスタマイズも出来てしまうというのは驚きでしかありません。

自分でイコライザーでの細かい調節は出来ませんが、音楽を聴いている際に気分によって気軽に音質を調整できるのはとても良いと思いました。

Product description

ここでは説明書を読むことが出来ますが、今の所英語の説明書のみ表示されます。

気になる点

ホワイトノイズはあります。

これはノイズキャンセリング機能をON/OFFに関係なく「サー」と聴こえてきます。

それなりに音数の多いトラックを聴く場合には気になりませんが、バラードやオーケストラ、アンビエントミュージックなどの場合には気になるかもしれません。

個人的には音数の多いトラックをよく聴く為かあまり気になりませんでした。

総評

とても良いです笑

アプリ込みですとどんな音質が好きな方にでもおすすめ出来るコスパの良いイヤホンです。

唯一気になる点で言えばホワイトノイズですが、それさえ気にならなければこの価格帯ですと強くおすすめ出来る完全ワイヤレスイヤホンです。

さらに今後、アプリを通して日本語にも対応するとの事です。

気になる方はぜひチェックしてみて下さい♪

水月雨moondrop NEKOCAKE

水月雨moondrop NEKOCAKE
8 10 0 1
1万円以下の高コスパイヤホン
1万円以下の高コスパイヤホン
8/10
Total Score
  • 高音
    8/10 良い
  • 中音
    7/10
  • 低音
    8/10 良い
  • 音場
    8/10 良い
  • 遮音性
    8/10 良い

The Good

  • 一万円以下の高コスパ
  • 丁寧なパッケージング
  • アプリによる音質調整
  • 良い意味でおもちゃ感がある

The Bad

  • ホワイトノイズがある
  • 対応コーデックが2種類しかない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
be-bee
元楽器店員の音楽家。 新しい機材やプラグインに目が無い。(カラフルな見た目が好き。) 皆さんに楽器店員時代の経験を生かして機材や知識をご紹介させていただければと思い、ブログを立ち上げました。